ぼちぼち旅行Blog

旅行好きでDVCメンバーになり、飛行機、ホテルステータスを狙っている主婦のブログです。日々の出来事もぼちぼち書いていこうかな♪

2017年9月 JAL特典航空券・ファーストクラスで行くニューヨーク旅行 ~準備編④ 観光・国連本部・エスタ手配編~

こんばんは!saoです。

 

明後日にニューヨークの出発を控えてワクワクしていますo(^-^)o

 ニューヨークは見所がいっぱいあってスケジュールがいっぱいになります。

スムーズに動けるように、事前手配できるものは予約しておきます。

 

目次

 

シティパス

残りの観光をどうするか?有名どころに入っておきたい!

と探してみると、ちょうどいいチケットを見つけました。

f:id:saotrip:20170907111227j:plain

ニューヨークシティパスです。

市内観光施設6カ所の入場チケットがセットになっていて、現地でチケット購入列の並ばなくても良い。優先レーンがある施設もあるらしい。

ふむふむ、それは便利である。

 

観光先はほぼ決められています。(4.5.6はどちらかを選択)

アトラクション 定価(大人) 定価(子供)
1. エンパイアステートビル展望台 $49 $49
2. アメリカ自然史博物館 $27 $22
3. メトロポリタン美術館 $25 $12
4. グッゲンハイム美術館 または トップ・オブ・ザ・ロック* $25/$34 $18/$34
5. 自由の女神&エリス島ツアー または サークルラインクルーズ(マンハッタン島周遊クルーズ)* $18.5/$37 $18.5/$37
6. 9/11メモリアルミュージアム または イントレピッド海上航空宇宙博物館* $26/$33 $17/$33
City Passご利用時の総額 $205$122! $187$98!

何処に、いつ行くかは自分で決めれます。

天気次第で変更できるのもいい。

有効期限は現地でシティパスに引き換えてから9日間です。

 

このチケットをどこで購入するか?

いろいろなサイトを見つけましたが、料金は同じものしか見つけられませんでした。

それならば、海外のオプショナルツアーでいつも利用しているベルトラ利用です。

・利用料金の1%がポイント還元してくれる所。

・もし、他のサイトでがあればその価格まで下げてくれる所。

 (実際ハワイのパラダイスコーブを安くしていただきました)

・日本語で予約が出来て分かりやすい説明付き。質問にも早く丁寧に答えてくれる所。

いろいろなオプショナルツアーの代理店なので、そのツアー自体がすべて素晴らしいとは限りませんが、ベルトラ自体は気に入ってます。

f:id:saotrip:20170907114113j:plain

当日は印刷したバウチャーを持って行くだけです。

日本語で書いてあると安心できる私です。

 

 

国連本部

 観光を調べていると国連本部の見学ツアーがあることを発見!

日本語ツアーも行われており、行ける日に開催されていることが分かり予約します。

事前に予約しないと見学できません。

 

公式HPから予約を入れます

United Nations Visitor Centre

 

f:id:saotrip:20170907121216p:plain

1.BOOK NOWをクリック 

 

f:id:saotrip:20170907123157p:plain

 2.行きたい月を選択しクリック

 

f:id:saotrip:20170907123252p:plain

  3.行きたい日にちを選択しSERECTをクリック

 

f:id:saotrip:20170907123413p:plain

   4.行きたい時間を選択しORDERをクリック

   ※日本語のツアーにはJAPANESE TOURと明記されている。

 

f:id:saotrip:20170907123627p:plain

5.希望人数を選択してOKAYをクリック

 

f:id:saotrip:20170907123726p:plain

日時・金額等を確認の上PROCEED TO PAYMENTをクリック

 

f:id:saotrip:20170907123941p:plain

 7.個人情報・クレジットカード情報を入力して終了(o^v^o)

メールにて確認書、チケット印刷URLが送られてくるので、印刷して持参する。

f:id:saotrip:20170907124503j:plain

印刷した予約書には日本語での説明があるのでわかりやすいです。

・1時間前に受付をすること。

・パスポート等身分証明書持参のこと。

 

エスタ申し込み

エスタとは

ESTAは、米国国土安全保障省(DHS)により2009年1月12日から義務化されました。このオンラインシステムは、ビザ免除プログラム(VWP)の一部で、短期商用・観光目的(90日以下)の目的で旅行するすべてのビザ免除プログラム渡航者は、米国行きの航空機や船に搭乗する前にオンラインでESTA渡航認証を受けなければなりません。

 

有効期限

通常一度認証を受けると米国への複数回の渡航が可能で、2年間有効です。ただし、2年以内にパスポートの期限が切れる場合は、パスポートの有効期限日をもって無効になりますので御注意ください。また、パスポートを新規に取得した、渡航者が名前を変更した、渡航者が性別を変更した、 渡航者の国籍が変更した、ESTA申請質問で渡航者が過去に回答した内容(はい、いいえ)が変更した場合も再申請が必要です。

 

申請料金
2010年9月8日より、全てのビザ免除プログラム渡航者は、ESTA申請時には、14ドルの申請料金を支払わなければなりません。費用はESTA申請サイトを通してクレジットカードで支払うことができます。

 

なぜか、アメリカに行くのは2年ごとの9月ばかりなので3回目の申請です。

最初の申請時と質問内容が変わって、質問が多くなっています。

申請される方は少し時間のある時にする方がいいと思います。

申請は日本語で出来るので、全く問題ありません。

本人でなくても代わりに申し込み、支払いをすることも可能です。

インターネットから出来るのですが、注意が必要です!

 

エスタの公式HPを装って代行業者がHPを作っているのです。

初めて行おうとすると、区別が付きません。

また、代行業者のサイトのほうが親切に書いてあるのです。

 

こちらが公式のHPです。

esta.cbp.dhs.gov 

f:id:saotrip:20170907230523p:plain

 公式は自由の女神が出迎えてくれます。(※今後変わるかもしれません)

 

 

ここからは、代行業者のサイトです!!

間違える人がいると申し訳ないのでURLは貼りません。

f:id:saotrip:20170907231353p:plain

f:id:saotrip:20170907231024p:plain

手数料がかかる旨が小さい字で書いてあります。

 

エスタの申請料は14ドルのみです。

代行業者は+5000~7000円の手数料がかかります。

ただ、旅行会社に頼むと5000円位はかかるそうなので、法外な料金を取っているわけでは無く、正当な代行業者なんだと思います。

公式HPだと思って勘違いさせるような造りがどうなのかな~って思います。

代行業者は何社もあるので、注意が必要です!

 

エスタは申し込むとすぐに結果が分かります。

たまに、保留中になる場合もありますが、数時間後に確認するとOKになっている場合がほとんどです。(公式には72時間以内と表記あり)

 

申請時に登録したメールアドレスに期限が切れる時に連絡があります。

更新と言うシステムは無いので、必要な時は再申請になります。

エスタを申請した場合に特に持って行くものは必要ないのですが、心配性の私は申請完了の画面を印刷して持って行きます。

今まで必要だったことは1度も無いんですけどね~

 

次のブログで残りの準備について書いていきます。

では、また~(^-^)/