ぼちぼち旅行Blog

旅行好きでDVCメンバーになり、飛行機、ホテルステータスを狙っている主婦のブログです。日々の出来事もぼちぼち書いていこうかな♪

SPGプラチナへの道 〜プラチナチャレンジ挑戦中! 3泊目 ルネッサンス鳴門 2日目 ~ 大塚国際美術館編 Vol.1 〜

こんにちは!saoです。

 

プラチナチャレンジ3泊目はルネッサンス鳴門リゾート」です。

1泊の旅行なので15:00のバスで帰ります。

半日ほどで観光出来る場所を探すと近くに大塚国際美術館がありました。

私が美術館に行くのは旅行先や近くの美術館に有名な作品が来た時くらいです。

知識も絵心も全く無いです。

 

調べると、世界最大の旅行口コミサイト「tripadvisor」の「行ってよかった美術館&博物館ランキング2011」美術館部門で1位を取ったそうです。

そして、日本一高い入館料・・・

まぁ、せっかくだし行ってみます。

大塚国際美術館|徳島県鳴門市にある陶板名画美術館

開館時間(休館日) 9時30分~17時まで 
※休館日は月曜日(祝日の場合は翌日)

 

この美術館は本物は1点もありません!

全て陶板で作られたレプリカなんです。

な~んだ、偽物か・・・と思ってはいけません!

満足度の高い美術館でした(*≧∀≦*)

※本物志向の方には合わないかもしれません。

 

レプリカなので、触るのOK、写真OKです。

原寸大なので、近くに寄って大きさを体感することが出来ます。

画家ごとにコーナーが作ってあるのでとても見やすい流れになっています。

 

入館料は窓口で購入すると3,240円です。

ホテル内に自販機があり、前売り料金の3,100円で購入できます。

 

ホテルからバスで行く予定でしたが、時間帯が合わずタクシーで行きました。

ワンメーターの570円でした。歩いても行ける距離です。

f:id:saotrip:20170710110347j:plain

 9:40到着です。

f:id:saotrip:20170710110348j:plain

 入り口を入ると長~いエスカレーターで上に上がって地下3階に行きます。

上がるのに地下表示???と思ったのですが、山を切り崩して作っているため、そのような表示になるそうです。

f:id:saotrip:20170710110349j:plain

最初の部屋はシスティーナ礼拝堂にある最後の審判ミケランジェロ

バチカン宮殿にある礼拝堂です。

タイミングよく定時ガイドツアーが始まる時間でしたので参加します。

午前中はほぼ30分おきにガイドツアーが行われます。

所要時間1~2時間(コースによる)

 

これが、大当たり!

大阪出身のガイドさんで楽しくわかりやすくガイドしてくださり、2時間飽きずに楽しめれました。

 

教えて頂いたガイドさんの受け売りです。

美術に詳しい方には当たり前の事ばかりなのでスルーしてください。

f:id:saotrip:20170710110354j:plain

f:id:saotrip:20170710110353j:plain

中央の上あたり、後光がさしているのがイエス・キリスト、青いスカートをはいているのがマリア様

青はマリア様の象徴の色だそうです。

 

その下に天使たちがいますが本を持っている人がいます。

・左の小さめの本・・・天国行き

・右の大きめの本・・・地獄行き

人の名前が書いてあり、天国に行くことが出来る人が少ないことをを表現しています。

全体像の上が天国下に地獄が描かれているそうです。

 

この絵の中には作者のミケランジェロが描かれています。

キリストの右下の人の皮のような絵

f:id:saotrip:20170710110355j:plain

これが、自画像だそうです。

 

f:id:saotrip:20170711124155j:plain

 天井には「アダムの創造」紙がアダムに生命を吹き込もうとしている場面が描かれているのですが、このシーンを参考に映画が作られました。

何でしょう?

スピルバーグ監督の「ET]です。

有名すぎる話ですよね・・・(;^ω^)

 

次はフェルメールの作品を集めた部屋に行きます。

f:id:saotrip:20170710110356j:plain

 「真珠の耳飾りの少女

この絵が人を引き付ける理由の一つに 光沢が挙げられています。

写真ではわかりにくいのですが、両眼、そして耳飾りの真珠には、鈍い光沢とともに巧みな光の点描がみられます。

実際に口の端にある光の点を手で隠してみると幼い表情に変わります。

そういった体験が出来るのも、触れる美術館ならではです。

 

f:id:saotrip:20170710110358j:plain

「エル・グレコの大祭壇衝立復元」

ナポレオン戦争によって破壊、分散されてしまった6点の絵画を大塚国際美術館が原寸大に推定復元した作品です。

 

f:id:saotrip:20170710110359j:plain

「オルガス伯爵の埋葬」

こういった絵を見る時の見方を教えてくれました。

1、顔 2、目 3、手 

この順番で見て行くと、もう一つの物語が見えてきます。

そして、作品の中で目が合う人が描かれていると、作者の自画像や思い入れのある人の場合が多いそうです。

f:id:saotrip:20170710110400j:plain目が合っちゃいますね・・・

 

f:id:saotrip:20170710110402j:plain

 

 

f:id:saotrip:20170710110403j:plain

「聖ニコラオス オルファノス聖堂」

聖母と大天使ミカエル、ガブリエルをはじめ数多くの聖人像が描かれています。

マリア様のシンボルカラーブルーの教会です。

本物の教会はラピスラズリというブルーの宝石で作られているそうです。

f:id:saotrip:20170710110405j:plain

 懺悔するための台があるので、是非どうぞ~とガイドさん進めてくれました。

 

f:id:saotrip:20170710110411j:plain

「スクロヴェーニ礼拝堂」

イタリア・パドヴァにある礼拝堂を再現した空間です。

f:id:saotrip:20170710110410j:plain

神聖な礼拝堂の雰囲気がありますが、この礼拝堂を利用して出来るのが・・・

f:id:saotrip:20170710110408j:plain

結婚式です!!!

横綱白鵬関や元女優の水野真紀さんがここで結婚式を挙げられとそうです。

 

とても分かりやすく2時間かけて20作品を案内してくれます。

全部をブログに書くと長くなり過ぎてしまうので、次のブログで印象に残った作品を紹介していこうと思います。

 

では、また~(*^o^*)/